プロモーションには動画が効果的な理由のまとめ

動画サイトに自身の動画をアップしたことで広く知れ渡り、世界的大スターになった有名人がいることは、多くの方がご存じでしょう。NBA観戦中、ダンスをする自分の姿を動画サイトにアップし人気に火が付いたモデルや、歌っている姿を動画サイトにアップしたところ音楽関係者の目に留まりレコード会社と契約が決まったというシンガーソングライターがいます。今や自らの売り込みに動画を使うことは全く珍しいことではありません。SNSのような人と人をつなぐコミュニケーションツールは、現代においてデビューきっかけへの近道となっています。面白いことに、先のシンガーソングライターの推薦によって、動画サイトに投稿した日本の芸人が、世界的なブームを起こしたこともありました。では、「アイドルや歌手になりませんか」とスカウトされるようなプロモーションとは、どのような動画が良いのでしょうか?

みんなに見てもらえるプロモーション、その動画効果とは?

ネットを使っていると、動画を使ったコンテンツや広告を目にすることがあるでしょう。プロモーション用の動画は、短時間あるいは一瞬で多くの情報を伝達できるというメリットがあります。インパクトのある映像を使えば、多数の人を惹き付けることができ、莫大な宣伝効果となります。プロモーション用の動画は、新商品や場所の宣伝として活用されていて、売り上げアップにつながることはもちろん、売上高にどれほど影響を与えたかについても見ることができます。例えば再生回数やシェア数です。SNSのように、再生回数やシェア数が表示されることで視聴者の反応が分かりやすくなり、反響のバロメータとして大いに役立ちます。こういったことから、動画によるプロモーションは、見込み客や問い合わせなど、潜在的なセールス成果の指標にもなっています。

アイドルになりたい!プロモーションの動画制作で必要なこと

アイドルになりたくてプロモーション用の動画を制作する際、気を付けた方が良いことや必要なスキルについてお話しします。まずは、自己PRになるので、滑舌良くはっきり話しましょう。声のトーンは、アイドル志望ということもあり、やや高めが適しています。自分が一番かわいく見える笑顔も自然と作れるようにしておきましょう。自己PRでは動きがないと面白くないので、ダンスやウォーキングなどを習得しておくとベターです。歌でも構いません。歌唱力に自信のある方は、自分の声質と音域に合った曲を選びましょう。動画は複数のパターンを作ることがおすすめです。内容を替えることはもちろん、撮影機材やアングルも替えて制作してみてください。また、芸能事務所へ送る際は、その事務所の求めている人材にマッチした内容になっているかもポイントです。それに沿ったプロモーションになっていれば、スカウトされる確率はかなり高くなります。