プロモーションをより面白い動画にする

文章や静止画にも、人に訴える強い効果がありますが、動画はそれらを組み合わせ流れる時間の中に凝縮される効果があります。スマホの普及により動画配信が盛んになり、また撮影も以前に比べて簡単になりました。なによりSNSのおかげで、上手くいけば多くの方に知ってもらえる効果もあります。だからこそ、プロモーションの動画をより面白いものにすれば、効率的にアピールをすることができます。アイドルにスカウトされるようなプロモーションを作りたい時、可愛さをアピールすることが大切ですが、それでは面白い動画にはならず、話題にならずに埋もれてしまいます。アイドルに可愛さや可憐さの上に求められるのは、個性です。歌やダンス、センスや魅せる努力など、最低限できる、ではなく、何か一つでも特化しており、かつキャラが立つ、そんな動画を撮影する必要があり、そんな自分を前面に出した動画を企画する必要があります。

プロモーション動画は撮影方法ではなく企画シナリオにこだわる

通常の撮影に自信が無い方は、動画アプリを利用する方法があります。通常の撮影は企画力や機材、撮影方法、編集方法などに知識が必要となりますが、動画アプリを利用することで、必要なのは企画力となります。これをSNSにあげることで拡散する可能性が出ます。流行にのることも必要です。ここで慣れてきたら、動画撮影です。機材も大切ですが、動画アプリで学んだように企画力も大切です。企画はシナリオという形であらわすことが大切です。特に起承転結を付けて、できれば90秒程度のプロモーション動画から始めます。プロモーションといえば、数十分に渡る映像をつくるイメージがありますが、動画サイトに投稿する場合、面白いのか面白くないのかわからない動画を、20分ですといわれて、見る気はしないものです。まずは短くインパクトを付けることで、興味を持ってもらいます。この時サムネイルやタイトルにも工夫が必要です。

プロモーション動画で、自分のアピールポイントを強調する

プロモーションとは、マーケティング戦略のひとつです。つまり自分を売り込むための手法ですので、アピールしたい点を強調する必要があります。撮影手法など、あれこれ詰め込むと、強調したい内容が薄れていきます。色々な動画を見て研究することも大切ですが、自分のアピールポイントを明確にすることも大切です。その上で、ぶれた動画や、素人のホームビデオのような映りでは、内容が余程良くない限り、再生回数は伸びませんし、アピールは難しくなります。このように多くの点に注意して動画を作成した後に必要なことは、動画のアピールです。自分のブログやSNSなどに誘導リンクを貼ることや、そのSNSへ誘導するために、さらにフォローを入れるなど、見てもらうための戦略は広い範囲で行う必要があります。自分をアピールするには、さりげなく、しかし広いことが大切です。