動画撮影でプロモーションビデオを作ろう

近年SNSによる動画の影響力が非常に高く、人気を集めています。SNSの動画がきっかけで夢であった歌手デビューを果たした人は日本だけでなく世界中にいます。こうした動きはSNSの普及によってうまれたものですが、以前より動画は自己アピールの一環として有効的な方法とされていました。また歌手デビューだけでなく、最近では企業の就職活動の中でも自己のプロモーション動画の提出を求められる場合もあるのです。動画によるプロモーションは、面接とは異なり、普段の人柄を見ることができるため企業の間でもどのような人なのかという判断材料にしやすいことが理由です。また目の前に人がいるわけではないため、緊張することなく自己アピールを行うことができるため、自己アピールを行いたい側にもメリットがあるといえます。面接のみならずあらゆる方面に発信しプロモーション動画で自分自身のアピールを行いましょう。

プロモーションの動画はどのように撮影すればよいか

自己アピールの一環として近年非常に人気を集めている動画撮影ですが、こうしたプロモーションの動画はどのように撮影したら良いのでしょうか。撮影に必要なものは自分自身が持っているスマートフォンやビデオカメラ、デジタルカメラなどです。動画を撮影する場合はこうしたスマートフォンやカメラを固定するために三脚を用意するとスムーズに撮影を行うことができます。また家族や友人に撮影してもらうという方法も可能です。プロモーションの動画を撮影するときはあらかじめどのようなことを行うか決めておく必要があります。何をやるか決めずに撮影をはじめると余計に時間がかかってしまいます。撮影は発信する方法に合わせて撮影時間を決めると良いです。SNSや企業に送るものであれば長く撮影していても目に留まることが少ないため1分から5分程度の短いものでなければなりません。

目をひくためにはプロモーション動画とは

アイドルや歌手を目指してSNSに自分自身のプロモーション動画をアップしても、多くの人の目にとまらなければなりません。アイドルを目指す人や歌手を目指す人は世界中に大勢いるため、同じように動画をアップしていても目に留まるという可能性は非常に低いのです。目を引く動画を撮影するためには、オリジナルの動画を撮影しなければなりません。もちろん圧倒的な歌唱力やダンスのうまさなどがあれば奇跡的に目にとまる可能性もあります。しかし自分と他人では何が違うのかをしっかりと見極めたうえ、何をアピールしたいのかを考え、アピールしたいことを強調した動画にすると良いです。またこうした動画を撮影してもなかなか多くの人の目に留まる可能性は低いです。しかし動画を毎日撮影し、アップすることで可能性は多少なりとも上げることができるため、何度もトライすることが大切です。